探偵の人探し調査|料金(費用)・日数(時間)を2分で解説!

更新日:

 

今回は『探偵の人探し調査』として、

1、日数・時間はどのくらい?

2、料金・費用はいくら?

の2つを中心に、”わかりやすく・簡単に” まとめていきます。

探偵の人探し調査|料金・費用・日数・時間

 

日数・時間はどのくらい?/探偵・人探し調査

 

まずは『日数・時間はどのくらい?/探偵・人探し調査』から。

 

探偵が人探しの証拠を集めるまでの「日数・時間」は

 ターゲット(探したい人)の確かな情報が多い場合 ⇒ 1~5日

 ターゲットの情報が曖昧な場合 ⇒ 2~10日

が目安です。

 

ターゲット(探したい人)の

「確かな情報」

というのは、

1、名前

2、生年月日

3、勤務先(通学先)

4、交友関係

5、携帯の電話番号

など

ターゲットの行動を推測しやすい情報

のことです。

 

人探しの依頼で多い

 家出(失踪)した家族の行方

の場合には、

上記5つの「確かな情報」

に加え、

 失踪時の所持金(口座残高・クレジットカード利用歴)

 行動パターン

 インターネットの検索履歴

なども加わり、

行方を特定しやすい

傾向にあるため、

1~4日ほど

で居場所を特定できる傾向にあります。

 

逆に、

 前の夫(妻)の行方

といった場合には、

 名前

 生年月日

しかわからないことが多く、

5~10日

ほどの捜査に時間がかかる傾向にあります。

 

人探しの方法としては、

 警察に「捜索願」を提出する

 自分で探す

ことも考えられますが、

 事件性のある場合を除いて、警察は捜査してくれない

 個人で探すには限界がある

ため、料金はかかりますが

1、スピード

2、有効性

3、安全性

の3点からして

探偵に依頼するのが最善

だと考えられます。

※ 警察 ⇒ 事件性がない場合はデータをコンピュータに登録し、補導した場合に参照するのみ

※ 自分 ⇒ 居場所の特定は非常に困難で、経時的に費用がかさむ

 

以上、『日数・時間はどのくらい?』について簡単にまとめました。

続いて、「実際にどのくらいのお金がかかるのか」を詳しくみていきましょう。

 

 

料金・費用はいくら?/探偵・人探し調査

 

まずは『料金・費用はいくら?/探偵・人探し調査』から。

 

探偵の料金は

調査日数によって変わります

が、

 ターゲットの確かな情報が多い場合 ⇒ 10~50万円

 ターゲットの情報が曖昧な場合 ⇒ 25~100万円

が1つの目安になります。

 

人探しの料金は、本当に

ケースバイケース

で、

 探偵事務所によっても得意・不得意がはっきり分かれている

ため注意が必要です。

 

知人に探偵業界に詳しい信頼できる人

がいる場合には、ぜひその人に業界内の評判を聞いてみてください

 

周りに探偵に精通した人がいない場合は、

テレビの「生き別れた家族を探す」シリーズで有名な探偵事務所

を選択するのが安全です。

 

具体的には、

業界内で評判がいい

実績が高い

探偵事務所は

原一探偵事務所( https://www.haraichi.co.jp 

なので、迷ったら原一さんに頼んでおけば安心できるでしょう。

 

繰り返しになりますが、

探偵料金は ”ターゲットの情報がどれだけ具体的か” によって大きく変わる

ので、

電話相談(2019年3月5日時点では原一は無料

 自分が依頼するケースでは「どのくらいの日数(時間)」がかかって、「いくらくらい料金(費用)」がかかるのか

目安を詳しく確認するのがおススメです。

 

その際、

 自分の予算

 居場所を特定したらどうして欲しいのか(”連絡をくれるだけでいい” や ”自分が行くまで見張っていてほしい” など)

も伝えるようにしましょう。

 

少しでも早く大切な人が見つかることを心から願っています。

 

以上、『料金・費用はいくら?/探偵・人探し調査』でした。

これにて『探偵の人探し調査/料金(費用)・日数(時間)』は終了です。

ご朗読ありがとうございました<(_ _)>

ad



ad



現役探偵が本気で考えた『探偵ランキング』

 3年前まで探偵事務所に所属していた私らしい ”探偵ランキング” です(現在は法人専門の個人探偵)。

一応、個人的に癒着のある事務所は除いてあります。

基本的に

 浮気調査・人物調査 ⇒ 一括比較で条件・価格を比べる

 ストーカー対策   ⇒ 大手事務所

という流れがおススメです。

探偵100社の一括比較(街角相談所)

メリット・デメリット

メリット

 100社以上を無料で一括比較!

 匿名で相談可!

 相談者数が最大手並み!

 通常より安くなりやすい!(競合するため)

 探偵キャリア制限があるので安心!

 相談~見積もり・面談まで無料!

デメリット

 スト―カー調査は対象外…!

 100社もいらないかも…!

 地域(沖縄・離島など)によっては探偵が限定される…!

 浮気調査には強いが、人探しには弱め…!

原一探偵事務所

メリット・デメリット

メリット

 日本一の探偵事務所

 テレビで多数取り上げられている安心感

 ストーカー対策・人探しに強い

 メール・電話~面談まで完全無料

 追加料金がいっさいかからない

 顧問弁護士が在籍しているため、調査後の裁判(慰謝料請求など)が簡単

 3~4名体制で確実に調査してくれる

デメリット

 ほかの探偵事務所と比較して、費用・料金がとくべつ安いわけではない

 浮気調査~慰謝料請求まで依頼すると20~40万円ほどかかることが多い

 沖縄や離島など、本州から離れていると依頼が大変

優秀な個人探偵

メリット・デメリット

メリット

 調査結果に期待ができる

 個人探偵は業界内の口コミが命なので、全力で調査してくれる

 特定のジャンルに特化しているため、当たり外れが少ない

 相談をゆっくり真剣に聞いてくれる傾向がある

デメリット

 価格が高くなりやすい

 調査に時間がかかりやすい

 探偵とのコネがないと優秀かどうか一般の方にはわかりにくい

-探偵【人探し編/費用】
-人探し, 探偵, 料金, 費用

Copyright© おすすめ探偵.com , 2019 All Rights Reserved.