【ストーカー対策・防犯カメラ】人気おすすめランキング5|価格・効果比較

更新日:

 

”ストーカー対策にどんなカメラが有効か” ご存じでしょうか?

 

今回は『ストーカー対策用・防犯カメラ』として、

1、防犯カメラ、5つの種類・ジャンル

2、【ジャンル別】おすすめ防犯カメラ

の2つを中心に、”わかりやすく” 説明します。

スポンサーリンク

ad



ストーカー対策・防犯カメラ/人気おすすめランキング|価格・効果比較

 

【ストーカー対策・防犯カメラ】5つの種類・ジャンル/価格・効果の比較表

 

まずは「【ストーカー対策・防犯カメラ】5つの種類・ジャンル」から説明していきます。

 

”防犯カメラ” と一言でいっても、大きく分けて5つのジャンルがあり、

自分に最適なカメラを選ぶ必要があります

 

ストーカー対策・防犯カメラ、5つの種類

1、自宅設置型

2、外部設置型

3、業者管理型

4、セキュリティ会社

5、ダミーカメラ

 

 それぞれの特徴・メリット・デメリット

   特徴 メリット  デメリット  おすすめ度
自宅設置型 ・ 家の中に防犯カメラを設置するタイプ

・ スマホと連動していて、遠くからでも自宅を監視できる

・ ストーカーが自宅に入っていた場合に、高確率で証拠を押さえられる

 ・ 価格は1~4万円ほどと安め

・ 安全な場所からストーカー対策ができる

・ ストーカーが実は家に侵入していた…というケースが多いため、非常におススメ

・ 侵入の確認、自宅内録画はできるが、外でうろついているだけのストーカーには効果がない ★★★★★
外部設置型 ・ 玄関などに防犯カメラを設置するタイプ

・ 自分で設置し、外の映像を録画する

・ ストーカーが外をうろついていれば、証拠を押さえられる

・ 外部をうろつくストーカーを録画できる

・ ストーカー以外にも、不審者全般の対策に効果抜群

・ 安全な場所からストーカー対策ができる

・ 価格が5~10万円ほど高い

・ 防犯カメラの設置が素人では難しい

・ 故障した場合の修理代が高い

★★★☆☆
業者管理型 ・ 外部設置型の防犯カメラの設置・修理などを業者に委託するタイプ

・ 自分で設置する必要がなく、故障しても安心

・ ストーカーが外をうろついていれば、高確率で証拠を押さえられる

・ 外部をうろつくストーカーを録画できる

・ 設置から修理まで業者がやってくれる

・ 家に最適な防犯カメラを業者が選んでくれ、修理費も安いため結果的に安くなりやすい

 ・ 価格が12万円ほどと初期費用が高い

・ 修理費は安いが、すべてが完全無料ではない

★★★★★
セキュリティ会社 ・ セコムなどのセキュリティ会社に自宅を監視してもらうタイプ

・ 異常が発生すれば、警備員がすぐ自宅に来てくれる

・ ストーカーが家への侵入を試みた場合に、証拠を押さえられる

 ・ ストーカーが家に侵入すれば、すぐに警備員が駆け付けてくれる

・ 自宅にいるときでもかなり安心して生活できる

・ ストーカー以外にも、何かトラブルがあった時に役に立つ

 ・ 価格が1日あたり150円ほどで、毎月お金がかかる

・ セキュリティ会社によっては、サービスが不十分なケースもある

・ 優秀なセキュリティ会社を選ぶ必要がある

★★★★☆
ダミーカメラ ・ 見た目は外部設置型の防犯カメラのように見える

・ 自分でも設置するのが簡単

・ ストーカーの証拠を押さえることはできない

・ 価格が3,000円ほどで最も安い

・ 設置が素人でも簡単

・ ストーカーを自宅から遠ざける効果はある

・ ストーカー犯人の証拠を押さえることができない

・ 遠くからスマホなどで監視することができない

・ ストーカーの根本的な解決・対策につながりにくい

★★☆☆☆

 

 

以上、「【ストーカー対策・防犯カメラ】5つの種類・ジャンル」の特徴やメリット・デメリットについてまとめました。

 

説明を聞いただけでは分かりにくいと思うので、

実際に最もおススメな商品を例に挙げながら、具体的に解説していきます。

 

 

【ストーカー対策・防犯カメラ】人気おすすめランキング|価格・効果比較

 

ここからは「【ストーカー対策・防犯カメラ】人気おすすめランキングー価格・効果も徹底比較!」です。

 

さきほど説明した「ジャンル別」に、

1、価格

2、効果

3、探偵業界での評判

4、顧客満足度

の4つを指標に、最もおススメの商品を例に挙げます。

 

 ただし、価格情報などは2019年6月13日時点のものなので、詳細は公式サイトでご確認ください<(_ _)>

 

1、自宅設置型

「自宅設置型」防犯カメラで、最もおススメなのは ”MivaTek(ミヴァテック)” です。

 

”MivaTek(ミヴァテック)” の選考理由にもなった大きなメリットとして、

1、月額料金が一切かからない

2、20日間のお試し期間で、実用性をチェックできる

3、設置・設定が素人でも簡単

4、高い売上実績

5、スマホから自宅映像を監視できる

6、防犯カメラだけなら1台1万円ほどでコストパフォーマンスが高い

7、防犯カメラ2台、センサー3台で4万円のセットがある

の7つがあげられます。

 

”自宅設置型” の防犯カメラとしては、価格・効果の点でコストパフォーマンスが最大なので、

MivaTek(ミヴァテック)1択でいいと思います

 

とくに ”20日間のお試し期間” と ”設置が簡単” という点が優秀なので、

使用感を確かめるために試しに注文してみてもいいでしょう。

 

私も現在は法人専門の個人探偵になりましたが、

事務所で働いていたときは「帰ってから、暗い部屋に入るのが怖い」という方には当時からおススメしていました。

 

また、カメラが2台あれば、窓やドアののぞき穴から外を撮影することも可能なので、”外部設置型” の防犯カメラとしても機能します

 

 ただし、”外の録画性能” は外部設置型の防犯カメラに劣るので、注意してください。

 

 引用元・商品説明ページ

公式サイト ⇒ https://www.rrrmaji.com/page/1714

 

 

2、外部設置型

「外部設置型」の防犯カメラは価格帯が大きく異なるので、【低価格】と【高価格】にわけて例をあげます。

 

まずは【低価格】から。

 

低価格な「外部設置型」の防犯カメラで、最もおススメなのは ”SHR03” です。

 

選考理由となったメリットとして、

・ 価格が外部設置型としては3万円ほどと非常に安い

・ 楽天で1位の実績

・ スマホで映像を確認できる

・ ストーカー対策として、最低限の働きは期待できる

の4つがあげられます。

 

 ただし、安いには安いなりの理由があって、

・ 設置が素人では大変

・ 画素数が248万しかない(iPhone 7で1,200万、一般的なスマホでも800~1,800万画素)

・ 映像が荒いため、犯人の特定は困難

・ とくに夜間では ”人影が確認できる” 程度の映像で、証拠になりにくい

といったデメリットもあります。

 

価格が安いということで楽天では人気ですが、

少なくともストーカー対策としてあまり有効ではないでしょう

 

もちろん予算によりますし、ストーカーがどんな行動を確認することは十分にできます。

 

場合によっては、映像を警察に見せ、被害届を出せば捜査してくれる可能性もあるでしょう。

 

ただ、やはり決定的な証拠にはなりにくいので、低価格帯の防犯カメラはおススメできず、

これを買うくらいなら、”自宅設置型” の防犯カメラを ”ドアののぞき穴” にガムテープなどで固定しておいた方がずっと効果的だと思います

 

 引用元・商品説明ページ

楽天公式サイト ⇒ http://item.rakuten.co.jp/three-sss/set-b01b

 

 

続いて【高価格】の「外部設置型」の防犯カメラの例をあげます。

 

高価格な「外部設置型」の防犯カメラで、最もおススメなのは ”WV-SFN480 です。

 

選考理由となったメリットとして、

・ 画素数が900万あり、十分な録画が可能

・ 全方位録画できる

・ パナソニック製で、1年間の保証サービスがつく

・ 個人的に旧シリーズを長年使用していて、使い勝手がよく、5年間故障していない

の4つがあげられます。

 

ただし、こちらもメリットばかりではなく、

・ 価格が11万円ほどと高い

・ 女性では設置がやや大変

といったデメリットがあります。

 

また個人的な話になってしまいますが、2年ほど前までのストーカー対策の依頼を請け負っていた頃は、

被害者宅に設置する防犯カメラは ”WV-SFN480” の旧シリーズで統一していました

 

やはり国産の製品で安心できたという点と、

なにより ”高画質で全方位録画できる” という点が優秀だったためで、

玄関先に1台、室内に1台、車内に1台設置させていただいていました。

 

こちらが監視していたのは玄関先の1台だけで、残りの2台は依頼者に確認してもらっていましたが、

「プライバシーはいいので、全部監視してください」といわれることが多く、非常に困っていたのをよく覚えています…(笑)

 

依頼者に信用していただけるのは非常に調査が進展しやすく、こちらとしてもありがたいのですが、

依頼者との不要なトラブルを避けたい一心でずっとお断りしていました

 

実際に探偵の中には ”悪徳・違法” な調査をする人間もたくさんいるので、

いくら不安でも探偵を信用しすぎないように注意してください

 

少し脱線してしまいましたが、 ”WV-SFN480” であればストーカー対策として申し分ないので、

外部設置型の防犯カメラとしては最もおススメできます。

 

ただし、価格が11万円ほどと高いので、

同じ料金を払うなら ”探偵” にストーカー犯を特定してもらった方がいいかもしれません

 

また、すでに何度かご連絡をいただいておりますが、私は現在私人の依頼はお受けしていないため、

申し訳ありませんが他社をお探しくださいますようお願いいたします<(_ _)>

 

 

 

3、業者管理型

ここからは「業者管理型」の防犯カメラの例をあげていきます。

 

「業者管理型」の防犯カメラで、最もおススメなのは ”Y&Green” です。

 

選考理由となった大きなメリットは、

・ 「業者管理型」ではトップクラスの実績がある

・ 自宅に合った防犯カメラを選んでくれる

・ 効果的な設置場所を考えてくれ、実際に工事・設置をしてくれる

・ 設置後のサービス・修理が充実している

の4つがあげられます。

 

ただし、デメリットとして、

・ 価格が11万円と初期費用は高い

・ カメラの性能は、同価格帯の外部設置型カメラに劣る(WV-SFN480など)

・ 修理費が完全無料なわけではない

・ 東京都・千葉・埼玉・神奈川の人しか頼めない

の4つもあります。

 

価格が11万円ほどするため、

 機械に詳しい人

 これから勉強する意思のある人

は、さきほど例に挙げた ”WV-SFN480” を購入した方がいいでしょう

 

逆に、

 テレビの録画機(レコーダー)の設置・設定ができなかった

 HDMIケーブル・VGAケーブルなど聞いたことがない

といった方は、「業者管理型」で業者の人に工事・設置してもらった方が無難です

 

 ただし、「東京都・千葉・埼玉・神奈川」の方しか依頼できないので、十分注意してください。

 

全国区の「業者管理型」もあるにはあったのですが、

実績が不明で、サービス内容などが ”Y&Green” に劣っていたため、今回は例に挙げるのを控えることとしました

 

 引用元・商品説明ページ

公式サイト ⇒ http://musashi-web.net/camera

 

 

4、セキュリティ会社

「セキュリティ会社」で、最もおススメなのは ”セコム(SECOM)” です。

 

選考理由となった大きなメリットは、

・ 1日150円ほどの価格で、自宅を監視してくれる

・ 契約件数・サービス規模・実績が業界1位

・ 資料請求が無料なので、どんなサービスを受けられるのか具体的にチェックできる

・ 有事の際には、警備員が自宅まで駆けつけてくれる

・ オプションで防犯カメラの設置もしてくれる

の5つがあげられます。

 

 ただし、デメリットとして、

・ 毎月お金がかかる

・ 防犯カメラの設置はオプションなので、追加料金がかかる

の2つもあげられます。

 

防犯カメラの設置オプションは、カメラの種類・自宅のタイプによって選択できるため、

実際に資料請求して具体的なプランを確認するのが確実です

 

 資料請求 ⇒ https://www.secom.co.jp/homesecurity

 

セコム(SECOM)は毎月料金が発生するというのが最大のデメリットですが、ストーカー以外にも防犯効果が高いというメリットもあります

 

例えば、空き巣対策や火災検知、非常通報機能など多くのサービスが一体となっているため、

試しに資料請求して、どんなサービスを受けられるのか確認してみるといいでしょう

 

資料をみた結果、ストーカー対策以外のサービスにも納得できれば「セコム(SECOM)」、

納得できなければ「室内設置型」か「業者委託型」にするのがおススメです

 

※ 2019年6月13日追記

7月よりセコムの新プラン「セコム・ホームセキュリティNEO」がスタートしたようです。

大きな特徴として、

1、コンパクト化

2、スマホ連動性のアップ

3、リストバンド型の救急通報システム

の3つが挙げられます。

自身のストーカー対策のみでなく、ご家族の安全確保も期待できるため、新サービスの開始によって長期的に利用しやすくなったようです。

詳しくは公式サイト( https://www.secom.co.jp )でご確認ください<(_ _)>

 

 

5、ダミーカメラ

最後は「ダミーカメラ」です。

 

「ダミーカメラ」で、最もおススメなのは ”HDC-027IR” です。

 

選考理由となった大きなメリットは、

・ 価格が3,000円ほどで安い

・ 作りが本物に近く、ダミーだと見破られにくい

・ 設置が楽

の3つがあげられます。

 

ただし、大きなデメリットとして、

・ 録画ができない

・ ストーカー犯を特定することができない

・ ストーカーの根本的な解決につながりにくい

の3つがあります。

 

ダミーカメラは価格だけをみると魅力的に感じてしまいますが、

実際にストーカーの姿を録画することはできず、安心した生活にはつながりにくいでしょう

 

防犯カメラを設置することの最大の目的は、

1、ストーカー犯を特定し、証拠を押さえること

2、安心して生活できるようにすること

にあるため、その点ではダミーカメラはあまりおススメできません。

 

ただし、一定の対策効果は期待できるため、

お金をかけられない人はダミーカメラで一時的に対応しましょう

 

 引用元・商品説明ページ

楽天公式サイト ⇒ http://item.rakuten.co.jp/hdc-027IR

 

個人的には、いろいろなストーカー犯を調査してきた経験上、

お金がかかってでもきちんと対策した方がいいと強く思います

 

10万、20万円なら頑張れば2ヵ月で貯めることのできるお金です。

 

しかし、身体的ストレスや怖い体験は一生ついてまわります。

 

ストーカー犯のためにお金を使うのは腹立たしいとは思いますが、

ご自身の身の安全のためにもしっかりと対策することを強くおススメします

 

また、”一人で悩まず、誰かに相談” することも大切です。

 

 ただ、異性の知人への相談だけは絶対に避けるべきで、

不必要にストーカーを刺激しないようにしましょう。

 

私個人は相談にのってあげられませんが、

大手の探偵事務所であれば、相談までは無料で実施しているところもあります

 

また、警察もストーカーには一定の力を入れ始めているので、相談だけはぜひのってもらってください

 

このサイトでも、今後も「ストーカー対策」の記事は更新していくつもりなので、

こういった情報が少しでもお役に立てれば幸いです。。。

 

以上、「【ストーカー対策・防犯カメラ】人気おすすめランキングー価格・効果も徹底比較!」についてまとめました。

これにて『ストーカー対策用・防犯カメラ編』は終了です。

ご朗読ありがとうございました<(_ _)>

 

記事を気に入っていただけた方は、ブックマーク&シェアなどしていただけると大変ありがたいです。。。

 

『【ストーカー対策・防犯カメラ】人気おすすめランキング|価格・効果比較』まとめ

【ストーカー対策・防犯カメラ】5つの種類・ジャンル|価格・効果の比較表

5種類の防犯タイプ

1、自宅設置型

2、外部設置型

3、業者管理型

4、セキュリティ会社

5、ダミーカメラ

特徴・メリット・デメリット

   特徴 メリット  デメリット  おすすめ度
自宅設置型  ・ 家の中に防犯カメラを設置するタイプ

・ ストーカーが自宅に入っていた場合に、高確率で証拠を押さえられる

 ・ 価格は1~4万円ほどと安め

・ ストーカーが実は家に侵入していた…というケースが多いため、非常におススメ

・ 外でうろついているだけのストーカーには効果がない ★★★★★
外部設置型  ・ 玄関などに防犯カメラを設置するタイプ

・ 自分で設置し、外の映像を録画する

・ 外部をうろつくストーカーを録画できる

・ 安全な場所からストーカー対策ができる

・ 価格が5~10万円ほど高い

・ 防犯カメラの設置が素人では難しい

★★★☆☆
業者管理型  ・ 外部設置型の防犯カメラの設置・修理などを業者に委託するタイプ

・ ストーカーが外をうろついていれば、証拠を押さえられる

・ 設置から修理まで業者がやってくれる

・ 家に最適な防犯カメラを業者が選んでくれ、修理費も安いため結果的に安くなりやすい

 ・ 価格が12万円ほどと初期費用が高い ★★★★★
セキュリティ会社  ・ セコムなどのセキュリティ会社に自宅を監視してもらうタイプ

・ 異常が発生すれば、警備員がすぐ自宅に来てくれる

・ 自宅にいるときでもかなり安心して生活できる

・ ストーカー以外にも、何かトラブルがあった時に役に立つ

 ・ 価格が1日あたり150円ほどで、毎月お金がかかる ★★★★☆
ダミーカメラ ・ 見た目は外部設置型の防犯カメラのように見える

・ 自分でも設置するのが簡単

・ 価格が3,000円ほどで最も安い

 

・ ストーカー犯人の証拠を押さえることができない

・ ストーカーの根本的な解決・対策につながりにくい

★★☆☆☆

【ストーカー対策・防犯カメラ】人気おすすめランキング|価格・効果比較

1、自宅設置型      ⇒ ”MivaTek(ミヴァテック)” ;カメラ1台1万円、完璧なセットで4万円

2、外部設置型【低価格】 ⇒ ”SHR03”;3万円

ーー外部設置型【高価格】 ⇒  ”WV-SFN480”;11万円

3、業者管理型      ⇒ ”Y&Green”;11万円

4、セキュリティ会社   ⇒ ”セコム(SECOM)”;1日150円

5、ダミーカメラ     ⇒ ”HDC-027IR”;3,000円

・ 具体的な選び方として、「セコム(SECOM)」の資料請求をしてみて、価格・サービスに納得できれば「セコム(SECOM)」を、

納得できなければ「MivaTek(ミヴァテック)を購入」または「Y&Greenに設置依頼」するのがおススメ

ad



ad



現役探偵が本気で考えた『探偵ランキング』

 3年前まで探偵事務所に所属していた私らしい ”探偵ランキング” です(現在は法人専門の個人探偵)。

一応、個人的に癒着のある事務所は除いてあります。

基本的に

 浮気調査・人物調査 ⇒ 一括比較で条件・価格を比べる

 ストーカー対策   ⇒ 大手事務所

という流れがおススメです。

探偵100社の一括比較(街角相談所)

メリット・デメリット

メリット

 100社以上を無料で一括比較!

 匿名で相談可!

 相談者数が最大手並み!

 通常より安くなりやすい!(競合するため)

 探偵キャリア制限があるので安心!

 相談~見積もり・面談まで無料!

デメリット

 スト―カー調査は対象外…!

 100社もいらないかも…!

 地域(沖縄・離島など)によっては探偵が限定される…!

 浮気調査には強いが、人探しには弱め…!

原一探偵事務所

メリット・デメリット

メリット

 日本一の探偵事務所

 テレビで多数取り上げられている安心感

 ストーカー対策・人探しに強い

 メール・電話~面談まで完全無料

 追加料金がいっさいかからない

 顧問弁護士が在籍しているため、調査後の裁判(慰謝料請求など)が簡単

 3~4名体制で確実に調査してくれる

デメリット

 ほかの探偵事務所と比較して、費用・料金がとくべつ安いわけではない

 浮気調査~慰謝料請求まで依頼すると20~40万円ほどかかることが多い

 沖縄や離島など、本州から離れていると依頼が大変

優秀な個人探偵

メリット・デメリット

メリット

 調査結果に期待ができる

 個人探偵は業界内の口コミが命なので、全力で調査してくれる

 特定のジャンルに特化しているため、当たり外れが少ない

 相談をゆっくり真剣に聞いてくれる傾向がある

デメリット

 価格が高くなりやすい

 調査に時間がかかりやすい

 探偵とのコネがないと優秀かどうか一般の方にはわかりにくい

-探偵【ストーカー対策編/費用】
-ストーカー, トラブル, 対策, 費用

Copyright© おすすめ探偵.com , 2019 All Rights Reserved.