行方不明者(家出人)の探し方/警察相談~探偵依頼の具体的手順

投稿日:

 

今回は『行方不明者(家出人)の探し方』として、

1、警察への相談方法

2、探偵への依頼方法

について、”わかりやすく・丁寧に” まとめていきます。

家出人の探し方/警察への相談・探偵への依頼方法

家出人の探し方/警察への相談・探偵への依頼方法

① 警察への相談

 

まず最初に

【警察に行方不明者届(旧捜索願)】を提出

する必要があります。

 

行方不明者の捜索担当は

失踪地域の警察署の生活安全課

ですが、

最寄りの警察署の窓口

に相談すれば大丈夫です。

 

その際、

 行方不明者(家出人・失踪人)の情報

できるだけ正確、かつ詳しく教えるよう警察官にお願いされます。

 

具体的に有効な情報として、

【名前】【生年月日】【勤務先(通学先)】【交友関係】【携帯の電話番号】【身体的特徴(髪型・体格)】【失踪時の着衣・所持品】【写真】【失踪した場所・日時・動機】

が挙げられるため、警察署に赴く前に

事前に情報を整理

しておいてください。

 

続いて、警察署において家出人に関する聴取が一通り終わると、

【特異行方不明者】か【一般行方不明者】

どちらかに分類されます。

 

【特異行方不明者】

犯罪・事件に巻き込まれる、または関与するおそれのある行方不明者

のことで、具体的には(実際の指定対象者としては)

 13歳以下の未成年者

 違法薬物使用者で犯罪のおそれのある者

 事件に深く関与している可能性のある者

が主な対象となり、【特異行方不明者】に指定された場合には国家公安委員会規則第13号に基づき

警察は速やかに行方不明者を捜査

する必要があります。

 

ただ実際に【特異行方不明者】に指定されるケースはごく一部で、

多くは積極的な捜査をしない【一般行方不明者】に指定

されます。(【一般行方不明者】のデータは全国の警察署で共有されるのみで基本的に捜査は実施されないが、当該人が見つかった場合には連絡が来る

 

多くの行方不明者が【一般行方不明者】に指定され捜査しないことが度々問題になっていますが、背景には

行方不明者届の数が多すぎて警察だけでは対処できない

ことが関係しており、例えば

令和2年度の行方不明者だけで【77,022人】

が報告されており、生活安全課の処理能力を大幅に超過しています。

※ データは警察庁生活安全局生活安全企画課の「令和2年における行方不明者の状況」より引用(https://www.npa.go.jp/publications/statistics/safetylife/yukue.html

 

 

そのため、警察に行方不明者届を提出せずに、探偵などの調査機関に第一に相談する人が増えていますが、優先順位

警察署へ行方不明者届の提出 ⇒ 探偵への相談

の順です。

 

事件性がなければ警察が動かないのは確かですが、警察を介さず探偵に相談に行っても、”まともな” 探偵事務所であれば

警察への届け出確認がとれなければ、捜査依頼を断わるケースがほとんど

です。

 

これはストーカーやDV加害者などによる不法な人探しを避けるためで、違法性のある調査に協力すれば探偵事務所も探偵業法に基づき責任を問われるため、とくに口コミが重要な大手の探偵事務所であれば厳密に関係性などを確認されます。

具体的には、最大手の原一探偵事務所( https://www.haraichi.co.jp/iede )であれば、依頼人に

 警察へ行方不明者届は提出したのか

 行方不明者とどういった関係なのか

 捜査するうえで必要な資料は揃っているか

が必ず確認されます。

 

そのため繰り返しになりますが、仮に探偵を利用するとしても

警察署への行方不明者届の提出が最優先

であることに留意してください。

 

 

② 探偵への依頼方法

失踪人を積極的に探すうえで、現実的に最も有効な手段が探偵であり、ほかの選択肢としては仕事を何でも引き受けてくれる「便利屋」さんしかありません。

探偵事務所の探し方は、時間があるならば地元の小さな探偵事務所を含めて複数社を対象に実績と口コミをもとに比較検討し相談していくことがおススメですが、行方不明者の捜査は

行方不明になってからの時間が極めて重要

なため、依頼先を迷うことに時間を使うくらいならば、行方不明者捜査の実績が多い大手の探偵事務所に依頼した方が良いでしょう。

※ 行方不明者届受理から所在確認等までの期間(警察庁生活安全局生活安全企画課「令和2年における行方不明者の状況」より引用;https://www.npa.go.jp/publications/statistics/safetylife/yukue.html

 

探偵への依頼料は、捜査人数や捜査必要日数により異なりますが、現実的な料金相場は

1日調査するごとに【7~10万円】ほどかかる

のが一般的で、例えば最大手の「原一探偵事務所( https://www.haraichi.co.jp/iede )」の場合だと、

定額料金で【30万円】

の費用がかかり、調査で余った費用は返金される仕組みになっています。(そのほかトライアル料金の【11万円】プランがあるが、定額プランで余った費用は戻ってくるため依頼するなら定額プランの方がおススメ)

 

繰り返しになりますが、行方不明者の捜索は

行方不明になってからの時間が何よりも大切

なので、探偵を利用すると決めたら速やかに相談した方が良いでしょう。

 

料金や調査方法などで迷っている方は、大手の探偵であれば「電話相談は無料」としているところが多いので、話だけでも聞いてみることをおススメします。

 

以上、『家出人の探し方/警察への相談・探偵への依頼方法』についてまとめました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ad



ad



現役探偵が本気で考えた『探偵ランキング』

 3年前まで探偵事務所に所属していた私らしい ”探偵ランキング” です(現在は法人専門の個人探偵)。

一応、個人的に癒着のある事務所は除いてあります。

基本的に

 浮気調査・人物調査 ⇒ 一括比較で条件・価格を比べる

 人探し・ストーカー対策   ⇒ 大手事務所

という流れがおススメです。

信頼できる人から紹介してもらった探偵

メリット・デメリット

メリット

 本当に信頼できる人からの紹介であれば、その探偵も信頼できる可能性が高い!

 探偵業は口コミ・評判が命なので、紹介という形ならより丁寧に接してもらえる可能性が高い!

デメリット

 紹介してくれた人が利害関係者である可能性を否定できない…!

 紹介してもらった探偵が優秀とは限らない…!

 探偵にも得意分野・不得意分野があるので、依頼内容を的確に実行できるか不安…!

原一探偵事務所

メリット・デメリット

メリット

 日本一の探偵事務所!

 テレビで多数取り上げられている安心感!

 ストーカー対策・人探しに強い!

 メール・電話~面談まで完全無料!

 追加料金がいっさいかからない!

 顧問弁護士が在籍しているため、調査後の裁判(慰謝料請求など)が簡単!

 3~4名体制で確実に調査してくれる!

デメリット

 ほかの探偵事務所と比較して、費用・料金がとくべつ安いわけではない…!

 浮気調査と家出人捜索いう最も得意としている調査では20~40万円ほど費用がかかることが多い…!

 沖縄や離島など、本州から離れていると依頼が大変…!

優秀な個人探偵

メリット・デメリット

メリット

 調査結果に期待ができる!

 個人探偵は業界内の口コミが命なので、全力で調査してくれる!

 特定のジャンルに特化しているため、当たり外れが少ない!

 相談をゆっくり真剣に聞いてくれる傾向がある!

デメリット

 価格が高くなりやすい…!

 調査に時間がかかりやすい…!

 探偵とのコネがないと優秀かどうか一般の方にはわかりにくい…!

-探偵【人探し編/費用】
-人探し, 家出, 探し方, 探偵, 探偵事務所

Copyright© おすすめ探偵.com , 2022 All Rights Reserved.