【ストーカー対策】住所・自宅を知られない方法は?|住民基本台帳の閲覧制限

更新日:

 

”住民基本台帳によって、簡単に住所がバレてしまう” ということをご存じでしょうか?

 

今回は『ストーカー対策【住居編】』として、

1、ストーカーが住所・自宅を調べる方法…住民基本台帳とは?

2、閲覧制限をかける方法

の2つを中心に、”わかりやすく” 説明します。

スポンサーリンク

ad



ストーカー対策|住所・自宅を知られない方法/住民基本台帳の閲覧制限

 

ストーカーが住所・自宅を調べる方法…住民基本台帳とは?

 

まずは「ストーカーが住所・自宅を調べる方法…住民基本台帳とは?」から。

 

住民基本台帳というのは、

1、名前

2、生年月日

3、性別

4、住所

の4つが書かれている ”住民票の電子版” のようなもので、

政府が事務作業をしやすくするために、勝手に全国民分作られているものです。

 

本来の目的通りに使用される分には全く問題ありませんが、

この「住民基本台帳」の情報は、”正当な理由” さえあれば閲覧しても良いということになっています

 

具体的に ”正当な理由” と認められるのは、

1、公共的な調査目的

2、公共団体の活動

3、政府の活動

の3つだけで、それ以外には本来は認められていません。

スポンサーリンク

ad



しかし残念ながら、閲覧の申請が簡単で、受理条件がかなり緩いので、

ちょっとした知識さえあれば、関係ない赤の他人でも、かなり簡単に「住民基本台帳」の情報を調べることができます

 

実際に、ストーカーやDVの犯人が「住民基本台帳」を悪用しているケースが確認されていて、

違法な探偵も素行調査・人探しのためによく利用していました。

 

ストーカーが「住民基本台帳」に関する知識を持っている可能性は高くはないと考えられますが、

もしストーカーが「住民基本台帳」を調べ放題な状況であれば、

いくら住所・家を変えても、すぐにストーカーに居場所がバレてしまい、ストーカー犯を切り離すことは難しいでしょう

 

ただし、きちんと「住民基本台帳」の閲覧に制限をかける方法もあります

 

続いては「住民基本台帳の閲覧制限をかける方法」についてまとめていきます。

 

【ストーカー対策】住民基本台帳の閲覧制限をかける方法

 

ここからは「【ストーカー対策】住民基本台帳の閲覧制限をかける方法」です。

 

住民基本台帳に閲覧制限をかけるのはかなり簡単で、大きめの警察署へ行って、

1、ストーカー被害にあっていること

2、住所を知られないようにしてもらいたいこと

を警察の方に伝えれば、「住民基本台帳閲覧制限に関する書類」を渡してくれ

どうやって書けばいいのかも詳しく教えてもらえます。

 

この「住民基本台帳閲覧制限」をすると、

ストーカー犯(である可能性がある者)から閲覧申請をされても市町村は拒否できる

ことになります。

 

100%ストーカーに閲覧されないわけではありませんが、

今まで見放題だった「住所」を調べられる確率はグッと減り、

場合によってはストーカーの証拠として検挙につながることもあります

 

そのため、ストーカーに悩んでいる場合には、

警察へ行ったときに、忘れずに「住民基本台帳の閲覧制限」をお願いするようにしましょう。

 

 

以上、「【ストーカー対策】住民基本台帳の閲覧制限をかける方法」について簡単にまとめました。

これにて『【ストーカー対策】住所・自宅を知られない方法は?ー”住民基本台帳の閲覧制限” を5分で解説!』は終了です。

ご朗読ありがとうございました<(_ _)>

 

ストーカーを撲滅するためにも、記事を読んでいただけた方はブックマーク&シェアなどしていただけると大変ありがたいです。。。

 

『【ストーカー対策】住所・自宅を知られない方法は?ー”住民基本台帳の閲覧制限” 』まとめ

ストーカーが住所・自宅を調べる方法…住民基本台帳とは?

・ 住民基本台帳には、全住民の「名前」「生年月日」「性別」「住所」が登録されている

・ 基本的には悪用されないように、だれもが自由に閲覧することはできない

・ しかし、ちょっとした知識・コツがあれば閲覧できるようになる

・ ストーカーに住民基本台帳をみられると、いくら住所変更をしても意味がない

【ストーカー対策】住民基本台帳の閲覧制限をかける方法

・ 警察へ行き、

1、ストーカーの被害者であること

2、住民基本台帳の閲覧に制限をかけたいこと

を伝えれば、閲覧制限をすぐにかけられる

・ 100%閲覧を制限できるわけではないが、市町村には個人情報を悪用されないよう注意する責任・権限が生じる

ad



ad



現役探偵が本気で考えた『探偵ランキング』

 3年前まで探偵事務所に所属していた私らしい ”探偵ランキング” です(現在は法人専門の個人探偵)。

一応、個人的に癒着のある事務所は除いてあります。

基本的に

 浮気調査・人物調査 ⇒ 一括比較で条件・価格を比べる

 ストーカー対策   ⇒ 大手事務所

という流れがおススメです。

探偵100社の一括比較(街角相談所)

メリット・デメリット

メリット

 100社以上を無料で一括比較!

 匿名で相談可!

 相談者数が最大手並み!

 通常より安くなりやすい!(競合するため)

 探偵キャリア制限があるので安心!

 相談~見積もり・面談まで無料!

デメリット

 スト―カー調査は対象外…!

 100社もいらないかも…!

 地域(沖縄・離島など)によっては探偵が限定される…!

 浮気調査には強いが、人探しには弱め…!

原一探偵事務所

メリット・デメリット

メリット

 日本一の探偵事務所

 テレビで多数取り上げられている安心感

 ストーカー対策・人探しに強い

 メール・電話~面談まで完全無料

 追加料金がいっさいかからない

 顧問弁護士が在籍しているため、調査後の裁判(慰謝料請求など)が簡単

 3~4名体制で確実に調査してくれる

デメリット

 ほかの探偵事務所と比較して、費用・料金がとくべつ安いわけではない

 浮気調査~慰謝料請求まで依頼すると20~40万円ほどかかることが多い

 沖縄や離島など、本州から離れていると依頼が大変

優秀な個人探偵

メリット・デメリット

メリット

 調査結果に期待ができる

 個人探偵は業界内の口コミが命なので、全力で調査してくれる

 特定のジャンルに特化しているため、当たり外れが少ない

 相談をゆっくり真剣に聞いてくれる傾向がある

デメリット

 価格が高くなりやすい

 調査に時間がかかりやすい

 探偵とのコネがないと優秀かどうか一般の方にはわかりにくい

-探偵【ストーカー対策編/費用】
-ストーカー, トラブル, 対策

Copyright© おすすめ探偵.com , 2019 All Rights Reserved.