探偵の尾行調査 ”7” のコツ【尾行されない12の方法・対策】もこっそり紹介…

更新日:

 

普段、探偵が ”どんなふうにターゲットを尾行しているのか” ご存じでしょうか…?

 

今回は『探偵/尾行調査 ”7” のコツ』として、

1、【探偵】尾行調査、 ”7” の手順;コツと方法

2、尾行されやすい人・尾行されにくい人とは?

3、尾行されないためには…【12の対策法】

の3つを中心に、”わかりやすく” 説明します。

探偵|尾行調査のコツ/尾行されない方法・対策

 

【探偵】尾行調査、”7” の手順;コツと方法

 

まずは「【探偵】尾行調査、”7” のコツと方法」から。

 

プロの探偵がおこなう ”尾行調査” には、大きく分けて ”7つ” の手順(コツ)があります。

 

探偵の尾行調査、7つの手順(コツ・方法)

【3つの下準備】

1、調査指示書の作成

2、現地調査

3、調査人数の決定

【4つの尾行調査】

4、面取り

5、徒歩による尾行

6、自転車による尾行

7、車・バイクによる尾行

スポンサーリンク

ad



探偵の尾行調査【3つの下準備】

 

1、調査指示書の作成

 

まず最初に、必ず ”調査指示書” を作成します。

 

”調査指示書” というのは、ターゲットの情報や調査目的をまとめたもので、

・ ターゲットの名前

・ 住所

・ 身長・体重

・ 特徴

・ 勤務時間

・ 車両情報

・ 調査の目的

など、調査するうえで必要になる情報がすべて書いてあります。

 

この ”調査指示書” を探偵チーム全員で共有することで、調査方針がぶれないようにしています。

 

”調査指示書” の内容は、主に依頼者から集めた情報がメインで、

情報が多いほど調査の成功率は高くなります。

 

2、現地調査

 

次の下準備は ”現地調査” です。

 

ただし、”現地” といっても、実際に現地に行くわけでなく、

周辺情報や立地などをインターネットで確認するだけです。

 

例えば、浮気調査の場合、

・ ターゲットの会社の構造(出入り口・駐車場)

・ 張り込み場所

・ 人通り

・ 駐車・駐輪スペース

・ 公園(トイレできる場所)

などを事前に確認しておき、

「ターゲットはどの出入り口を利用しているのか」

「どこに自分たちの車を止めておき、どこで張り込みをするか」

を明確にしておきます。

 

依頼者から料金を払ってもらえれば、インターネットではなく直接現地調査をすることもできますが、

事前に下見をしてもあまり成功率には影響しないので、現地調査はネットが基本です。

 

「実際に下見しておきたい」としつこく言ってくる探偵は ”悪徳探偵” であることが多いので、

そういった探偵事務所には依頼しないように注意しましょう。

 

3、調査人数の決定

 

”探偵の尾行調査【3つの下準備】” の最後は「調査人数の決定」です。

 

ターゲットが働いている ”会社の規模”、”会社への移動手段” などによって調査する人数を決めますが、

基本的には「2~4人」での尾行調査が原則です。

 

1人だけ尾行調査では、ターゲットを見失う可能性が非常に高いため絶対にNGなのですが、

かといって5人以上いても人件費を無駄に使うだけです。

 

探偵事務所によって調査方法は違いますが、

 ターゲットが大企業や繁華街の飲み屋などで働いている場合 ⇒ 4人

 出入り口が1つしかないような小さい会社で働いている場合 ⇒ 2人

を基本としていることが多いため、探偵選びの参考にしてください。

 

 

以上の3つが、プロの探偵が必ずおこなう「探偵の尾行調査【3つの下準備】」です。

下準備が終わったら、実地調査のスタートです。

 

 

探偵の尾行調査【4つの尾行調査】

 

4、面取り

 

実施での尾行調査で1番始めにやることは、”面取り(めんどり)” です。

 

”面取り” というのは、ターゲットを発見・確認することです。

 

探偵は事前に依頼者からターゲットの写真をもらっていますが、

写真と実物では大きく異なることがよくあります。

 

とくに、

 髪型

 化粧

 メガネ

 帽子

 服装

などによって、ターゲットの印象はガラッと変わるので、”面取り” は尾行調査するうえで「最も大事な仕事」になります。

 

これから探偵への依頼を考えている方は、

ターゲットの写真は ”できるだけ多く” かつ ”最近のもの” を探偵に渡しておくと成功率はグッと上がります。

 

”面取り” をより確実にするために、探偵によっては ”出勤前のターゲットを自宅前で確認する” という方法をとることもありますが、

ターゲットの自宅付近は ”最も不信感を抱かれやすい場所” なので、あまりおススメの方法ではありません。

 

5、徒歩による尾行調査

 

ターゲットを面取りにて発見・確認したら、さっそく尾行を始めます。

 

尾行調査の基本は ”徒歩” です。

 

徒歩での尾行には ”4つのコツ” があります。

徒歩での尾行調査、4つのコツ

1、ターゲットの警戒度合いを確かめる

2、ターゲットと適切な距離を保つ

3、ムリに隠れない

4、変装する

 

徒歩での尾行をするうえでとくに大切なのは、”ターゲットの警戒度合いを確かめる” ことです。

 

ほとんどの人は ”自分が尾行されている” などとは微塵も考えていないため、

ターゲットのすぐ後ろで尾行していても全然気づかれません。

 

しかし、浮気をしているターゲットのなかには、非常に警戒心の強い人がたまにいます。

 

徒歩尾行の場合、ターゲットの行動をみていれば ”警戒度合い” はすぐにわかるので、

相手が警戒しているとわかったら、”調査を中止する” か、”20メートル以上の距離をとって、ムリはしない” ことが大切です。

 

最も重要なのは、”ターゲットに尾行調査を気づかれない” ことで、

調査自体は後日、ターゲットに合った変装などの対策をとって再度実施すればいいだけのことです。

 

”ターゲットに合った変装” というのは、”街並みに合った変装” のことで、

繁華街なら繁華街らしく、ビジネス街ならビジネス街らしく服装・探偵を選び直すことができます。

 

また、メガネや帽子、服装などの変装だけでも効果は絶大で、

警戒しているターゲットに姿をみられてしまったとしても、容姿(見た目)を変えるだけで別人だと勘違いしてくれます

 

ちなみに、個人で家族などを尾行する場合には、帽子よりも ”カツラ・エクステ” を使ったほうが印象が別人になり、より効果的です。

 

6、自転車による尾行調査

あまり知られていませんが、尾行調査で意外と多いのが「自転車による尾行調査」です。

 

「自転車による尾行」は地方の調査で多いのですが、

人通りが少ない町だと、ターゲットの後ろを尾行して歩くのはかなり目立ってしまいます。

 

とくにカーブミラーなどで偶然視界にはいってしまうことが多いため、

安全な調査を目指すために、できるだけ遠くからターゲットを補足したいと考えます。

 

その場合によく使うのが、「車+望遠鏡」の組み合わせなのですが、またまた田舎の弊害というか、

知らない車が長時間止まっていると ”不審者” だと勘違いされて警察に通報されてしまうことがよくあります。

 

そのため、自転車で人目のつかない場所に陣取り、

遠くからターゲットの行動を監視&無線で徒歩尾行探偵に連絡…といった方法がとられます。

 

また、自転車を使うメリットとして ”ターゲットを通り越しても不審がられない” というのもあります。

 

徒歩で追い越されると何気なく目で追ってしまいますが、自転車だとほとんどの人は見向きもしません。

 

7、車・バイクによる尾行調査

最後は「車・バイクによる尾行」です。

 

ターゲットが車で移動している場合には、「車+徒歩」の尾行が基本となります。

 

”どのくらいまで車で近づくか” は探偵によってかなり具体的に決まっていて、多くの場合、

都会 ⇒ 真後ろ~1台まで他の車を入れる

地方 ⇒ 1台~3台まで他の車を入れる

となっています。

 

とくに都会(昼間)の場合では、間に他の車を1台入れるだけでも尾行が非常に困難になるため、

たいていの探偵は、多少バレるリスクがあっても真後ろにつけます

 

逆に田舎の場合は、1つの信号差くらいでは見失うことがあまりないため、

十分な車間距離をとって尾行しています。

 

ちなみに、尾行調査で意外とやっかいなのが「タクシー」の存在で、

ターゲットがなんの前触れもなくタクシーを拾うことがあり、すぐに車で追跡できないことがあります。

 

こういった「タクシー対策」として最も有効なのが、”ターゲットからタクシーを横取りする” ことで、

基本的にターゲットは、歩いている進行方向のタクシーを拾うため、後ろを歩いている探偵の方がはやくタクシーを拾えるのです

 

つまり、ターゲットがタクシーを拾う素振りをみせたら、

探偵も手を上げ横取りすることで、車で追尾する準備時間を稼ぐことができます。

 

以上、「【探偵】尾行調査、”7” のコツと方法」についてまとめました。

 

個人での尾行調査の参考にはならなかったかもしれませんが、

探偵が意外と苦労して調査していることを少しでもわかっていただけたらと思います。。。

 

では、続いて「どんな人が尾行されやすいのか」「どんな人が尾行されにくいのか」を簡単にみていきましょう。

 

 

【探偵】尾行調査されやすい人・尾行調査されにくい人とは?

 

ここからは「【探偵】尾行調査されやすい人・尾行調査されにくい人とは?」です。

 

まずは「尾行調査されやすい人」から。

【探偵】尾行調査されやすい人、3つの特徴

1、身体に特徴のある人

⇒ 太ってる、背が高い、猫背、顔にホクロがあるなど、外見に特徴がある人は面取りしやすい

2、小さな会社、出入り口の少ない会社で働いている人

⇒ 身体に特徴がなくても面取りしやすく、張り込みもしやすい

3、警戒心が全然ない人

⇒ 面取りさえ成功すれば、警戒心のない人を尾行するのは赤子の手をひねるよう

 

続いて、「尾行調査されにくい人」です。

【探偵】尾行調査されにくい人、4つの特徴

1、身体に特徴がない人

⇒ 写真による面取りがしにくく、当日の服装やネクタイ、髪型などを依頼者から聞いておく必要がある

2、大きな会社、出入り口の多い会社で働いている人

⇒ 大人数から個人を特定するのは非常に手間がかかり、調査人数も3人以上が必須となる

3、繁華街の飲食店、風俗街付近で働いている人

⇒ 探偵が客引きの目につきやすく、ターゲットが風俗嬢やホステスの場合には密告されるリスクがある

4、警戒心が強い人

⇒ 最もやっかい。大胆な調査・撮影がしづらく、尾行も慎重になるため3日以上の調査が必要になることが多い

 

以上、「【探偵】尾行調査されやすい人・尾行調査されにくい人」についてまとめました。

 

探偵として一番やっかいなのは、ずば抜けて ”警戒心が強い人” で、

何が何でも ”尾行調査” していることがバレるわけにはいかないので、尾行には1日中神経を使い、結果調査を中断することもある探偵の天敵です。

 

さて、最後に ”探偵に尾行されそうな人” に向けに(?)、

ざっくりとした「探偵に尾行されない方法・対策」を少しだけご紹介します。

スポンサーリンク

ad



探偵に尾行されない、”12” の方法・対策法

 

ここからは「探偵に尾行されない方法・対策をこっそり紹介…」のコーナーです。

 

対策法をすべて公開してしまうと探偵業が成り立たなってしまうので、完全公開とはいきませんが、

”個人探偵レベル” なら簡単にまくことができる対策法です

 

12の探偵に尾行されない方法・対策法

 【徒歩での尾行調査】への ”7つ” の対策法

1、浮気をする日だけ、退勤時間を変える(できれば早める)

⇒ 探偵は普段の退勤時間の30分前から張り込むことが多い。

退勤時間を普段より1時間早めることができれば、完全に探偵を撒ける可能性がある。

2、会社から外にでるときの出口を変える

⇒ 探偵の人数が2人しかいない場合、いつもと違う出口を使うだけで面取りが困難になる。

3、出社時とは違う変装をする

⇒ 単にメガネをかける(はずす)・帽子をかぶる(はずす)・服装を変える(コートの着脱)・ネクタイを変えるなどをするだけでも印象はガラッと変わり、面取りが非常に困難になる。

4、浮気をする日は、2分おきに後ろを振り返る

⇒ 探偵は必ず後方から尾行しているため、後ろを振り返れば探偵は必ず気づく。

探偵としてはターゲットが警戒していることがわかり、調査を中断するかより距離をとった尾行をするかしかなくなる。

また、個人探偵の場合にはあからさまに挙動不審になって、探偵自体を特定できることもある。

5、交差点・曲がり角で止まってみる

⇒ 探偵はターゲットを見失うこと、バレることを最もおそれるので、姿がみえなくなった交差点で立ち止まるのは効果絶大。

プロの探偵でもうろたえて挙動不審になるか、そのまま通り過ぎるしかなくなる。

また、ターゲットが強く警戒していることが探偵に伝わるので、ムリな尾行はしばらくしてこなくなる。

6、屋内での現地集合、現地解散

⇒ 探偵の仕事は、密会現場を写真におさめること。

屋内では大胆な尾行がしづらく、また写真撮影も目立つため、外で待ち合わせしない相手はやっかい。

7、駆け込み乗車、駆け込み下車(できれば普段降りている駅より手前で)

⇒ 急な乗車や下車に探偵が対応できないことがあり、ギリギリで移動されると非常にやっかい。

とくに「普段降りている駅の手前」では探偵の警戒心が弱くなりがちなので、1つか2つ前の駅で降り、そこからタクシーを使えばほぼ確実に撒ける。

 

 【車・自転車の尾行調査】への ”5つ” の対策法

1、後方の車を細かくチェックする

⇒ 都会なら真後ろ~1台間隔、田舎なら1台~3台間隔で探偵の尾行者はある。

ずっと同じ道、車線を走る車はほとんどないため、かなり目立つ。

2、ときどき停車する

⇒ ターゲットの車が停車すると、探偵は一度追い抜き、少し離れたところに停車させる。

つまり、追い抜いて行った車が少し先で停車していたら、それが探偵車両である可能性が極めて高くなる。

3、ゆっくり走る

⇒ 実は一番やっかいなのが「ゆっくり走られる」こと。

探偵は追い抜かざるをえず、2台編成でない限り、追跡をあきらめざるをえない。

4、助手席には浮気相手を乗せない

⇒ 探偵が狙うベストショットの1つが ”車内でのツーショット” で、車内の写真がとれないと証拠不足になることが多々ある。

5、浮気相手と、時間をあけて車を降りる

⇒ 車から出てくる ”ツーショット” も探偵にとっては ”最も狙いやすいシーン” の1つ。

ひらけた場所では、一度別れた後、屋内で集合するとより効果的。

 

以上、「探偵に尾行されない方法・対策」についてまとめました。

 

すべての項目を実行すれば、”個人探偵” ならほぼ確実に撒くことができるでしょう。

 

ただし、”大手の探偵事務所” 相手には一時的には撒くことで来ても、

「浮気しているだろう」という確信をあたえることになり、

尾行調査以外のさまざまな方法を使って浮気の証拠は押さえられてしまいます。

 

あまり偉そうなことはいえませんが、浮気をしていて、複数人の探偵に調査されていると感じたら、

素直に白状してしまった方が賢明です。

 

2016年度のデータでは、浮気調査を依頼した方の8割が婚姻継続を選択されています。

 

「浮気は許せないけれど、反省しているなら離婚はしない」という考えが多く、

また慰謝料の観点からも「自分から告白」してしまえば、一部減額になる可能性が高くなります。

 

大手の探偵事務所の調査成功率は9割近くあるため

「探偵に調査されている」と感じたら、白状するか、相手と縁を切った方が賢明です。

 

以上、『探偵/尾行調査 ”7” の方法【尾行されない方法・対策】』でした。

ご朗読ありがとうございました<(_ _)>

 

記事を気に入っていただけた方は、ブックマーク&シェアなどしていただけると大変ありがたいです。。。

 

『探偵/尾行調査 ”7” のコツ【尾行されない方法・対策】』まとめ

【探偵】尾行調査、”7” の手順;コツと方法

1、調査指示書の作成

2、現地調査

3、調査人数の決定

4、面取り

5、徒歩による尾行

6、自転車による尾行

7、車・バイクによる尾行

尾行されやすい人

1、身体に特徴のある人

2、小さな会社、出入り口の少ない会社で働いている人

3、警戒心が全然ない人

尾行されにくい人

1、身体に特徴がない人

2、大きな会社、出入り口の多い会社で働いている人

3、繁華街の飲食店、風俗街付近で働いている人

4、警戒心が強い人

尾行されないためには…【12の対策法】

【徒歩での尾行調査】への ”7つ” の対策法

1、浮気をする日だけ、退勤時間を変える(できれば早める)

2、会社から外にでるときの出口を変える

3、出社時とは違う変装をする

4、浮気をする日は、2分おきに後ろを振り返る

5、交差点・曲がり角で止まってみる

6、屋内での現地集合、現地解散

7、駆け込み乗車、駆け込み下車(できれば普段降りている駅より手前で)

【車・自転車の尾行調査】への ”5つ” の対策法

1、後方の車を細かくチェックする

2、ときどき停車する

3、ゆっくり走る

4、助手席には浮気相手を乗せない

5、浮気相手と、時間をあけて車を降りる

ad



ad



現役探偵が本気で考えた『探偵ランキング』

 3年前まで探偵事務所に所属していた私らしい ”探偵ランキング” です(現在は法人専門の個人探偵)。

一応、個人的に癒着のある事務所は除いてあります。

基本的に

 浮気調査・人物調査 ⇒ 一括比較で条件・価格を比べる

 ストーカー対策   ⇒ 大手事務所

という流れがおススメです。

探偵100社の一括比較(街角相談所)

メリット・デメリット

メリット

 100社以上を無料で一括比較!

 匿名で相談可!

 相談者数が最大手並み!

 通常より安くなりやすい!(競合するため)

 探偵キャリア制限があるので安心!

 相談~見積もり・面談まで無料!

デメリット

 スト―カー調査は対象外…!

 100社もいらないかも…!

 地域(沖縄・離島など)によっては探偵が限定される…!

 浮気調査には強いが、人探しには弱め…!

原一探偵事務所

メリット・デメリット

メリット

 日本一の探偵事務所

 テレビで多数取り上げられている安心感

 ストーカー対策・人探しに強い

 メール・電話~面談まで完全無料

 追加料金がいっさいかからない

 顧問弁護士が在籍しているため、調査後の裁判(慰謝料請求など)が簡単

 3~4名体制で確実に調査してくれる

デメリット

 ほかの探偵事務所と比較して、費用・料金がとくべつ安いわけではない

 浮気調査~慰謝料請求まで依頼すると20~40万円ほどかかることが多い

 沖縄や離島など、本州から離れていると依頼が大変

優秀な個人探偵

メリット・デメリット

メリット

 調査結果に期待ができる

 個人探偵は業界内の口コミが命なので、全力で調査してくれる

 特定のジャンルに特化しているため、当たり外れが少ない

 相談をゆっくり真剣に聞いてくれる傾向がある

デメリット

 価格が高くなりやすい

 調査に時間がかかりやすい

 探偵とのコネがないと優秀かどうか一般の方にはわかりにくい

-探偵【調査方法】
-尾行, 探偵, 調査方法

Copyright© おすすめ探偵.com , 2019 All Rights Reserved.