【探偵】浮気・不倫調査の依頼が少ない時期(月)ボトム3|ちょっと意外な結果…?

更新日:

 

”探偵への浮気・不倫調査の依頼が少ない時期(月)がいつか” ご存じでしょうか?

 

今回は『探偵・浮気調査のコラム』として、

浮気調査の依頼数 ”ボトム3” 」を ”わかりやすく” 書いていきます。

スポンサーリンク

ad



探偵|浮気・不倫調査の依頼が少ない時期・月

 

探偵|浮気・不倫調査の依頼が少ない時期(月)ボトム3

 

さっそく「【探偵】浮気・不倫調査の依頼が少ない時期(月) ”ボトム3”」を説明していきます。

 

 ただし、私が探偵として浮気調査を担当していたのは、もう3年前になるため、

その点はご注意ください<(_ _)>

 

まずは「浮気・不倫調査の依頼が少ない時期(月)」  の ”第1位” の発表です!

 

ドュルルルルルル…

 

第1位の時期(月)は、「1月」です。

 

ひょっとしたら、少し意外かもしれませんね。

スポンサーリンク

ad



1月に ”浮気・不倫調査” の依頼が少ない理由は、なんといっても

12月のあとだから

です。

 

12月には、”クリスマス” と ”年末休暇” があり、最も依頼が多い時期(月)となるのですが、

その反動で「1月」は極端に依頼が少なくなります。

 

「1月にも年始休暇があるじゃないか!」と感じるかもしれませんが、

お正月休みに

「夫が浮気しているんじゃ…」

と考えても、年始は探偵も休んでいるので、すぐには依頼できません

 

数日経ってしまうと「まだ依頼しなくてもいいか…」と考え、

調査を依頼しない方が多いようです。

 

そんな理由もあって、最近では「年始営業」をうたっている探偵事務所もありますが、

私の経験上、年始に依頼するのはあまりおススメできません

 

というのも、「12月」が本当に忙しくて、1日の休みもなく働き続けている探偵がほとんどです

 

よって、「1月」にはモチベーションが一気に下がり、

疲労もたまっていることから、意図せず調査がおざなりになってしまうことがあります

 

実際、私も張り込み調査中に居眠りしてしまい、

鬼の形相で社長に怒られたという経験があります…(笑)

 

そのため、年始まで営業はもってのほかで、

少なくとも私みたいな ”昔ながらの探偵” だと「1月は有給休暇の消化月」と考えている人が多いので、

”できる限り1月上旬~中旬には依頼しない” 方が無難でしょう

 

ただし、1月下旬には「バレンタイン」の影響で、依頼が一気に増え、

探偵としても仕事モードに戻ってくるので、1月の終わり頃ならまったく問題ありません

 

続いて、「浮気・不倫調査の依頼が少ない時期(月)」  の ”第2位” の発表です!

 

ドュルルルルルル…

 

 

第2位の時期(月)は、「6月」でした。

 

6月には、

1、祝日が1日もない

2、梅雨の時期

といった ”2大特徴” があります

 

とくに ”雨” というのは意外と依頼数にも影響していて、

私の事務所では、基本的に ”依頼者に事務所に来てもらって相談を聞く” というのを前提としていたため

雨が多いと自然と依頼数自体が少なくなっていました。

 

ただ、前回の「依頼数トップ3」でも少し触れましたが、

ゴールデンウィークの調査をまだ引きずっている方が2~4人ほどはいて、

決して ”ヒマな時期” というイメージではない月です

 

加えて、薄着になってくるためか「ストーカー対策」の依頼が増え、

浮気調査をおざなりにしているわけではありませんが、

かなり神経質に調査する必要のある案件に取り組む月でもあります

 

私個人としては「2・4・5・8・12月」の間だけ浮気調査を手助けしていて、

専門はストーカーや法人案件だったので、6月からいっそう忙しくなる…といったイメージでした。

 

では、最後は「浮気・不倫調査の依頼が少ない時期(月)」  の ”第3位” の発表です!

 

ドュルルルルルル…

 

第3位の時期(月)は、「10月」でした。

 

10月は、

とくに何もイベントがない

ため、依頼数も ”平均月よりやや少なめ” といった感じでした

 

浮気調査を専門としている同僚も「1月」と「10月」にまとめて有休を消化する人が多かったですね。

 

まぁ…「有給」といっても「振替休日」みたいなもので、

12月に働きすぎる分の休みを先に取っているようなものです

 

私個人としては、9月に多かった法人業務がひと段落して、

ストーカー案件を重点的に取り組んでいた頃です。

 

時間があれば「法人からの依頼トップ3」などの記事も書いてみたいのですが、

今現在、法人様を顧客に商売をしているため、守秘義務に違反しないとしてもちょっと難しいかもしれません

 

ただ「ストーカー調査」に関しては今後も追加していく予定なので、

現在ストーカーに悩んでいる方の助力に少しでも役立てば幸いです

 

以上、「【探偵】浮気・不倫調査の依頼が少ない時期(月) ”ボトム3”」でした。

ご朗読ありがとうございました<(_ _)>

 

記事を気に入っていただけた方は、ブックマーク&シェアなどしていただけると大変ありがたいです。。。

ad



ad



現役探偵が本気で考えた『探偵ランキング』

 3年前まで探偵事務所に所属していた私らしい ”探偵ランキング” です(現在は法人専門の個人探偵)。

一応、個人的に癒着のある事務所は除いてあります。

基本的に

 浮気調査・人物調査 ⇒ 一括比較で条件・価格を比べる

 ストーカー対策   ⇒ 大手事務所

という流れがおススメです。

探偵100社の一括比較(街角相談所)

メリット・デメリット

メリット

 100社以上を無料で一括比較!

 匿名で相談可!

 相談者数が最大手並み!

 通常より安くなりやすい!(競合するため)

 探偵キャリア制限があるので安心!

 相談~見積もり・面談まで無料!

デメリット

 スト―カー調査は対象外…!

 100社もいらないかも…!

 地域(沖縄・離島など)によっては探偵が限定される…!

 浮気調査には強いが、人探しには弱め…!

原一探偵事務所

メリット・デメリット

メリット

 日本一の探偵事務所

 テレビで多数取り上げられている安心感

 ストーカー対策・人探しに強い

 メール・電話~面談まで完全無料

 追加料金がいっさいかからない

 顧問弁護士が在籍しているため、調査後の裁判(慰謝料請求など)が簡単

 3~4名体制で確実に調査してくれる

デメリット

 ほかの探偵事務所と比較して、費用・料金がとくべつ安いわけではない

 浮気調査~慰謝料請求まで依頼すると20~40万円ほどかかることが多い

 沖縄や離島など、本州から離れていると依頼が大変

優秀な個人探偵

メリット・デメリット

メリット

 調査結果に期待ができる

 個人探偵は業界内の口コミが命なので、全力で調査してくれる

 特定のジャンルに特化しているため、当たり外れが少ない

 相談をゆっくり真剣に聞いてくれる傾向がある

デメリット

 価格が高くなりやすい

 調査に時間がかかりやすい

 探偵とのコネがないと優秀かどうか一般の方にはわかりにくい

-探偵【浮気調査編/費用】
-不倫, 探偵, 浮気

Copyright© おすすめ探偵.com , 2019 All Rights Reserved.